バッテリー向上

電話やメールといった基本的なツールの他にも、地図アプリやゲームアプリ、音楽や動画の再生などスマートフォンを常に触っているという人は大多数でしょう。そんな現代において、最も重要視されるべきポイントの一つがバッテリーの持ち時間です。初代iPhoneはあまりバッテリーの持ちが良くなく、外出先で電池が切れてしまうといった悲劇により、ストレスを感じるユーザーも少なくはありませんでした。新しいモデルのiPhoneはバッテリー容量が初代に比べて倍以上に増えているため、バッテリーの持続時間がかなり伸びています。処理速度や節電モードのクオリティが上がったことも含め、かなり長時間利用できるでしょう。

また最新のiPhoneでは、おなじみのケーブルによる充電方法の他にも、「Qi」と呼ばれる規格を利用したワイヤレス充電機能にも対応しています。ワイヤレス充電器により、コンパクトな省スペースで手軽に充電できる点がメリットです。加えて高速充電にも対応しており、わずか30分で50%も充電できるスペックの高さが魅力的です。外出前に急いで充電したい場合や、外出先でモバイルバッテリーを使用した充電を行う時などには、この充電方式のクオリティ向上が真価を発揮するでしょう。